物忘れ改善にウコンを

ウコンは色素成分「クルクミン」が含まれており、クルクミンは物忘れの改善に効果的であると言われています。アルツハイマー型認知症は、アミロイドβという異常タンパク質が脳内に蓄積する事が原因であると考えられていますが、このクルクミンは、アミロイドβが脳内に蓄積するのを防ぐ働きがあると言われているのです。

その他にも、糖尿病やガンにも効果的だと考えられており、現在様々な研究が進められています。

このように今注目されているウコンですが、ウコンが含まれる食べ物が日常にあるのかどうか気になりますよね。ウコンが含まれている食べ物、それは、日本人が大好きなカレーです。カレーを食べることによって、アルツハイマー型認知症や物忘れの予防が出来るのです。

インド人はアルツハイマー病になりにくい!?

ここに驚くべき事実があります。なんと、カレーが主食のインド人は、アメリカ人と比べてアルツハイマー型認知症になる割合が、僅か4分の1程度だと言われているのです。

さすがにインド人の様に毎食カレーを食べろというのは日本人にとって難しい事ですが、日常の食生活にできるだけカレーを取り入れる事によって、物忘れの予防・改善に効果的です。カレーを食べる前に、さらにウコンの粉末を加えると、ウコンの摂取量が増えますのでボケ防止に効果的です。

因みに、ウコンの粉末は薬屋さんやネット通販などで簡単に手に入ります。

ウコンを効率良く摂取しましょう

他の摂取方法としては、ウコンの粉末を天ぷらや唐揚げの衣などに混ぜる方法があります。工夫とアイデア次第で様々な料理に使用できますので、毎日の食事でウコンが効率よく摂取できるように取り組んでみてください。

カレーが食べられないという方や、天ぷらや唐揚げの衣などに混ぜるのは嫌だという方は、ウコンのサプリメントを利用してクルクミンを補給すると良いでしょう。

ウコンを積極的に摂って、物忘れ改善に取り組んでください。



このページの先頭へ